1.本記事について

1-1.本記事の目的

 海外FX業者から一定の条件を満たしたトレーダーに付与される「ボーナス」という仕組みがあります。ボーナスにはいくつか種類があるのですが、いずれも「トレーダーの有効証拠金としてFXトレードに利用できるもの」です。

 この「ボーナス」は特に少ない証拠金での運用を行う際には非常に重要な仕組みとなりますので、本記事をご一読の上、FX業者選定の参考情報としていただけると幸いです。

1-2.記載内容の前提事項

本記事を参照いただくにあたり、以下が前提となることを予めご了承ください。

  • 比較対象の会社について
     本記事で記載するFX業者は下記の関連記事で紹介を行っているFX業者となります。
  • 口座タイプについて
     本記事で記載する値はすべて「MT5スタンダード口座」での調査結果となります。

2.海外FX業者のボーナスについて

2-1.海外FX業者のボーナスの種類と特徴

 会社間で条件等の差異はありますが、海外FX業者ではトレーダーの「口座開設⇒取引開始」までの各過程で取得できるボーナス制度を設けています。

 ボーナスの種類として以下があります。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • キャッシュバック(ロイヤリティボーナス)
FX取引開始までのボーナス制度と付与の推移
2-2.口座開設ボーナスとは

 トレーダーが口座を開設した際に付与されるボーナスです。

  • 入金有無にかかわらず、口座を開設するだけで受け取ることができます。
  • FXトレードに使用することができますが、基本的に出金はできません
  • 口座単位ではなくトレーダー単位のため、初回の口座開設でのみ付与され追加口座開設では受け取ることはできません。
2-3.入金ボーナスとは

 トレーダーが入金した際に、入金額に応じて付与されるボーナスです。いわゆる「海外FX業者のボーナス」という言葉がこのボーナスを指すこともあります。

  • 開設後の口座に入金をするとその金額の一定の割合でボーナスが付与されます。
  • FXトレードに使用することができますが、基本的に出金はできません
  • 口座単位ではなくトレーダー単位で金額の上限が設けられています。
2-4.キャッシュバック(ロイヤリティボーナス)とは

 トレーダーが取引を決済した際に、取引のロット数に応じて付与されるボーナスです。

  • 開設後、入金後の口座で取引をするとそのロット数の一定の割合でボーナスが付与されます。
  • FX業者によって、「出金不可の入金ボーナスと同じ形式で付与」もしくは「現金として出金可能な残高での付与」の2パターンがあります。

3.海外FX業者各社のボーナス解説

※「ボーナスの出金可否」について、一部のFX業者で1/10未満の低レートで出金が可能なケースがありますが、一般的に出金目的で利用することはないため、下記表内では一律「出金不可」としています。

3-1.XM Tradingのボーナス

 XM Tradingは「2.海外FX業者のボーナスについて」で紹介した3つのボーナスがすべて用意されており、取引開始までの各プロセスでFX業者からのボーナスを受け取ることが可能です。

ボーナスの種類獲得額出金可否
口座開設ボーナス3,000円出金不可
入金ボーナス~50,000円:入金額の100%
~500,000円:入金額の20%
キャッシュバック(ロイヤリティボーナス)・取引ごとに、以下のランク応じたXMポイント(XMP)を付与
 獲得したXMPは、トレーダーの任意のタイミングで1XMP=約300円分のボーナスとして有効証拠金に反映させることが可能
 EXECUTIVE:10XMP/ロット
 GOLD:13XMP/ロット
 DIAMOND:16XMP/ロット
 ELITE:20XMP/ロット
 ※ランクアップの条件などの詳細は公式HPを参照ください。
3-2.TitanFXのボーナス

 TitanFXではボーナス制度を設けていません。その代わりに、他社と比べてスプレッドが低く設定されており、取引当たりの手数料の安さで還元されていると考えることができます。スプレッドの比較については関連記事を参照ください。

3-3.FXGTのボーナス
海外FX業界のニューフェイス"FXGT"

 FXGTでは「入金ボーナス」制度が用意されています。こちらのFX業者はサービス開始間もない会社であり、ボーナスについての規定も頻繁に更新されるため、本サイトでもできる限り最新の情報を掲載してまいります。

ボーナスの種類獲得額出金可否
入金ボーナス※以前は150%ボーナスが存在しましたが、2020/4/4に最大100%に変更されております。
FXGTの入金ボーナスは回数+金額で提供比率が異なることにご注意ください。
・初回入金ボーナス
 ~100,000円:入金額の100%
・2回目入金ボーナス
 ~250,000円:入金額の50%
・3回目以降入金ボーナス
 ~500,000円:入金額の20%
出金不可
3-4.FBSのボーナス
充実したボーナスと組み合わせて低資金でスタートダッシュを狙うならこの海外FX業者"FBS"

 FBSは「2.海外FX業者のボーナスについて」で紹介した3つのボーナスがすべて用意されており、取引開始までの各プロセスでFX業者からのボーナスを受け取ることが可能です。
 FBSでは通常のスタンダード口座以外に「Trade 100 Bonus口座」が用意されており、スタンダード口座では「入金ボーナス」、Trade 100 Bonus口座では「口座開設ボーナス」をそれぞれ受け取ることができます。
 また、キャッシュバックは出金することが可能な残高として付与されます。

ボーナスの種類獲得額出金可否
口座開設ボーナス(Trade 100 Bonus口座のみ)
10,000円
出金不可
入金ボーナス(スタンダード口座のみ)
~2,000,000円:入金額の100%
※ただし、FBSの入金ボーナスは「口座残高-含み損」の金額がボーナス額の30%になった時点ですべて消失します。したがって、ボーナスのみで取引を行うことはできません。
キャッシュバック(ロイヤリティボーナス)1ロット当たり最大15ドル(1月あたりの受け取り上限は570ドル)出金可能
3-5.LAND FXのボーナス
「低スプレッド×高速約定」に定評のある、中上級者向け海外FX業者"LAND FX"

 LandFXではスタンダード口座の中でも「LPボーナス口座」「Live口座」が用意されており、LPボーナス口座では「入金都度付与され、出金不可のボーナス」を、Live口座では「一定の条件を満たすと付与される出金可能な入金ボーナス」を受け取ることができます

ボーナスの種類獲得額出金可否
入金ボーナス(LPボーナス口座)
~5,000ドル:入金額の100%
(Live口座)
 以下の条件を満たすと、入金額の10%のボーナスを獲得
 ①300ドル以上の入金を行っていること
 ②入金額に応じた既定のロット数(入金額の2%のロット数)の取引を実施していること
(LPボーナス口座)
出金不可
(Live口座)
出金可能
3-6.TradeViewのボーナス

 Tradeviewではボーナス制度を設けていません。TradeviewにおいてはECN口座のスプレッドに強みがあり、取引当たりの手数料の安さで還元されていると考えることができます。そのためスタンダード口座よりはECN口座を開設するほうがメリットが大きいです。

3-7.HotForexのボーナス
大盤振る舞いなボーナス制度とハイレバレッジを提供する海外FX業者"HotForex"

 HotForexでは現時点でMT5スタンダード口座に対してボーナス制度を設けていませんが、MT4口座の場合は非常に充実したボーナス用意されているため、今後MT5でも有効となる可能性があります。
 参考までに、MT4スタンダード口座で提供されているボーナス情報を以下に記載します。

ボーナスの種類獲得額出金可否
入金ボーナス
※MT4スタンダード口座のみ
(100%クレジットボーナス口座のみ)
~30,000ドル:入金額の100%
(100%スーパーチャージドボーナス口座のみ)
~50,000ドル:入金額の100%
出金不可
キャッシュバック(ロイヤリティボーナス)
※MT4スタンダード口座のみ
(100%スーパーチャージドボーナス口座のみ)
1ロット当たり2ドル(受け取り上限は8,000ドル)
出金可能

4.本記事のまとめ

  • 海外FXにおけるボーナスは少ない証拠金での運用を行う際には非常に重要な仕組みです。
  • 海外FX業者では主に以下のボーナスが用意されており、トレーダーの「口座開設⇒取引開始」までの各プロセスでそれらを受け取ることができます。(FX業者によってボーナスの有無は異なります)
    • 口座開設ボーナス
    • 入金ボーナス
    • キャッシュバック(ロイヤリティボーナス)
  • XM TradingFBSは上記3つのボーナスがすべて提供されており、特にXM Tradingは含み損が口座残高を超過した場合もボーナスのみで取引することが可能なので、ボーナスを重視する方にはお勧めです
  • TitanFX、TradeView、HotForexでは現時点でボーナスの提供はありません(HotForexはMT4では提供されています)が、その分がスプレッドなど他の要素に還元されている場合があるため、ボーナスの有無のみではなく関連記事における他要素との比較を行ったうえで、ご自身の重視する観点でFX業者を選定いただければと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事